Scalar Weapons — All You Need to Know. from14-15 by C Verismo

Resource: Scalar Weapons — All You Need to Know. from14-15
by C Verismo

14. マインドリーディング、集団の催眠術および合成テレパシー

English: DNA replication or DNA synthesis is t...

English: DNA replication or DNA synthesis is the process of copying a double-stranded DNA molecule. This process is paramount to all life as we know it. (Photo credit: Wikipedia)

Tom Bearden-ベアデン氏によると: “1960年代後半リシチンで旧ソ連は人間の脳の”遺伝コード ‘が壊れていた事を報告した。これは、44桁以下を有し、脳はほぼ全体EMのスペクトルにわたって22の周波数帯域を採用した。しかし、唯一の11の周波数帯域は独立していた。
この研究で使われた11以上の正確な周波数チャネルは、人間の脳内 “位相ロック”する事ができれば、それは遠隔から急激に思考、視覚、身体機能、感情、および個々の意識的な状態に影響を与える事が可能である事を意味する。

巨大な旧ソ連のウッドペッカーのキャリアの最大16は、共通の位相ロック10 Hzの変調を運ぶ事が観察されており、これは、人間の脳が地球の磁場のシューマン共鳴よりも強い場合、物理的に巻き込みや “位相ロック”する事ができるようにベック、ラウシャー、ビセ(Beck, Rauscher, Bise)らによって実証されている。 16キャリアの周波数の一般的な位相ロック10 Hzの変調によって、人間の脳は効果的に16の周波数チャネルそれに位相ロックを有するであろう。対象地域における人間の脳の多くの割合を位相ロックするためウッドペッカートランスミッタを使用した可能性に対して、同様にモスクワの米国大使館の職員に誘導された効果よりもさらに抜本的な民衆に影響を誘発する事実を強く指摘されるべきである。

Dr. V.P. Kaznacheyev(カズナチェエフ博士)が発表した細胞死や病気のEM のトランスミッションワークと組み合わせて、死亡および疾患を誘発するためにウッドペッカーの信号を用いて ターゲットを絞って民衆に行っている明確な可能性がある。 DNA / RNAとウイルスの変更も可能だ。”
http://www.cheniere.org/images/EMfndns1/
http://www.umf.net/umf/: “1950年代には、ITTは、文字通り人が考えていたのか表示する事ができるセンサー技術を開発した。それは本質的に読心機だった。それは基本的に人間から発する電磁機能を拾って理解できる形に翻訳する。それは(最初は)人が座る事があった椅子から成っていた。センサーを務めたコイルは、椅子の周りに配置された。 3つのレシーバ、6チャンネルと人の心 – デジタルまたはスクリーンの上での表示だったと思われ、Cray-1 systemコンピュータもあった。 ”

15. 疾患誘導

ベアデン氏はスカラービーム、またはスカラーキャリアにそれらを再作成し、病気のパターンまたは ‘サイン(記号)’を模倣する事によって病気を誘発させる利用方法があると言う。これらは ‘量子潜在武器’と呼ばれている。特に設計された生物学的効果を一緒にあっても種々の疾患、複数の疾患を持つ任意の集団を攻撃するために使用する事が可能だ。

彼は瞬間的な死、心臓発作、重度の情緒的混乱、内部機能、疾患、免疫系の無効化、さらには、自分のようにターゲットを絞った主題として解釈思考、感情やアイデアの挿入の制御するダメージを誘導する効果を示しています。証拠とは、人々を取り除くために使用されてきた自殺振動もあります。 10 Hzは、催眠術をかけるために諜報機関によって使用される波長であるため、大量の催眠は、独自の言語に追加されたサブリミナル言葉で全体の人口に誘導する事が出来、これは選挙投票のために使用する事が出来る。

ベアデン氏は、細胞死や病気の殆ど全ての種類の電磁赤外線周波数に紫外線を使用し、スカラービームによって送信する事が可能との発言があり、また彼は、光子自身が細胞間の死や病気を運ぶ事が可能と書いている。スカラーEM技術は、生化学、細胞の実際の電位パターンの合成を可能にする。これは、特定の細胞の病気や死のメカニズムを生成するために作られても遺伝的に潜在的な病気をアクティブにする事が可能だ。

証拠は、核放射線、化学物質中毒、細菌感染と同様、薬剤誘発性幻覚の症状から、製造された症状は、得られる細胞死が発見されている。また ‘神’の声さえも(テレパシー、サブミニナル)作られている。ベアデンを引用する: “西ドイツのDr. Popp(ポップ博士)は、細胞の仮想光子マスター·コントロール·システムを分析した。スカラーEMは “よって、マスター制御システムが容易に意志で病気や障害を誘発するためにスカラー技術と入力する事ができ、確定的なパターンに仮想粒子束の意図的な順序を表している。

サイト上でより多くのデータがある: “スカラー干渉グリッド武器は生物学的に対象地域の全体の集団を攻撃するために使用する事が出来る。多くの場合、同時に複数のウッドペッカーの頻度で検出されている10 Hzであり、以下のELF変調信号をロックし、そのフェーズワークを行えば十分だ。

対象地域では、この変調は – 地球の磁場のシューマン共鳴よりも十分強く –脳への影響の割合は、殆どが’強制連行’コントロールされる。その場合には、これらの人間の脳のように、複数のコヒーレント周波数がそれらに位相ロックされるウッドペッカーの信号に “同期して”されている。

つまり、直接これらの連動する脳に複数の一貫したEM·チャネルが現在存在している。この時点で、フーリエ展開は現在幾何学的脳の特定の部分を攻撃するために使用されるかもしれません。 “このサイトは、スカラーEMの疾患パターンは、フーリエ展開し、特定の生物学的作用で再び、ロシアの技術により無線上に変調しバイオフィードバックし、集団を誘導する事が可能だ。

しかしHAARPも同じ事を行う事が出来る。効果は瞬間的な死、心臓発作、重度の情緒的混乱、内部機能、疾患のコントロールの喪失、免疫システムの無効化、さらには思考、感情、そして自分自身の意思によって解釈されるアイデアの挿入である。フリーダムドメインはまた、1000回の実験によりウッドペッカートランスミッタやDr. Kaznacheyev(カズナチェエフ博士)の細胞死や病気のパターンの殆ど全ての種類の電磁送信する事が出来る事を実証させ述べた。 Dr. Kaznacheyevは、近紫外線の効果を報告した。西ドイツマールブルク大学の実験では、赤外線の実験を複製し、光子自体は細胞間の死や病気のパターンを運ぶ事ができた。スカラーEM技術は、特定の疾患または死のメカニズムの、セル内の生化学の充電と電荷分布の合計コントロールを表し、実際の “潜在的な”パターンの合成を可能にする。核放射線、化学物質中毒、細菌感染、および他のメカニズムから、細胞死など、症状がDr. Kaznacheyevによる量子の潜在的な実験により誘導された。

西ドイツのDr. Popp(ポップ博士)は、細胞の仮想光子マスター制御システムを分析した。
EMが決定論的なパターンに仮想粒子束の意図的な順序を表すスカラーの様に、メイン制御システムを容易に自由自在に疾患および障害を誘導する為に、スカラー技法を応用する事が出来る。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中