Witness By Retired FBI Senior Special Agent, Ted Gunderson

元FBI特別捜査官テッド・L・ガンダ―ソン氏証言
テッド・L・ガンダーソン・アンド・アソシエイツ
アメリカ合衆国90048
カリフォルニア州ロサンゼルス
ウィルシェア・ブールバード6230-A 番地6 号室
電話番号:(337) 344-8876
Resource by:gunderson
私テッド・L・ガンダーソンは、偽りの場合は陪審の刑罰を受けることを承知の上で、以下の記載事項が真実であり正確であることを誓います。
1. 私はテッド・L・ガンダーソンです。私はサンタモニカを拠点とする警備・コンサルティング会社であるテッド・L・ガンダーソン・アンド・アソシエイツの所有者兼運営者です。私は現在カリフォルニア州で認可を受けた私立探偵です。私は1979年に会社を設立して以降、これまでに世界各国で数多くの個人や企業、政府機関のために私的な調査や警備業務を行なってきた。一例として、F・リー・ベイリー様、カリフォルニア州麻薬取締当局(ジェリー・ブラウン州知事により任命)、1984年はロサンゼルスオリンピック委員会、プエルトリコのサン・フアンで開催された1979年にパンアメリカン競技大会(当時の米司法長官グリフィン・ベルにより任命)などで実績がある。

2. 私立探偵の業務を行う前は、およそ30 年間連邦捜査局(FBI)に勤務した。1951年から1960年はFBI の特別捜査官であった。1960年にはワシントンDC のFBI 本部の管理官に昇進し、国内26か所のFBI 事務所にまたがる組織犯罪の捜査を担当した。ジョン・F・ケネディ大統領の暗殺後、私はFBI 本部のホワイトハウス担当特別審理官に転任した。1965年、私は再度、FBI コネチカット州ニューヘブン事務所の国内保安、テロ対策担当の主任捜査官補佐に昇進した。1970年には、FBIペンシルバニア州フィラデルフィア事務所の主任捜査官補佐に昇進した。1972年7月12日、ナショナル航空496便をハイジャックしたテロリスト2名と交渉し、119名の乗客をフィラデルフィア国際空港で解放することに成功した。1973年、FBI本部の主任検査官に昇進した。またFBIメンフィス事務所、ダラス事務所の主任捜査官も務めました。1979年にFBIを退職した当時は、FBIロサンゼルス事務所の上級主任捜査官として700名の人員と2200 万ドルを超える予算を擁していた。

3. 私はキース・ラベラ氏のFBIおよび司法省に対する訴訟の訴状を読んだ。専門家の意見として、私は情報、知識および信念に基づき、当該情報公開法訴訟においてラベラ氏が収集した「ギャングストーキング行為」、「ギャングストーキンググループ」および「ギャングストーキングの手段」に関する情報は、今日全国的に継続して実施されており、また私の調査および経験によれば少なくとも1980年代前半から実施されている、隠密のプログラムを合理的に説明するものであると考える。1980年代以降、ギャングストーキング行為は新たな通信・監視技術を利用し、その規模や激しさ、複雑さを増してきました。当該プログラムではエシュロン・プログラム、カーニボア・システム、およびテンペスト・システムというコードネームを用いています。エシュロン・プログラムはメリーランド州フォートミードの国家安全保障局の管理下にあり、世界中の全ての電子メールや電話の通話を監視している。カーニボア・システムはメリーランド州フォートミードの国家安全保障局の管理下にあり、痕跡を残すなど所有者に知られることなく、あらゆるコンピュータシステムをダウンロードすることが可能だ。テンペスト・システムは最大で4分の1マイル離れたところにあるコンピュータ画面上にあるものを解読することができます。これらのプログラムは何千人ものアメリカ国民にマイナスの影響を及ぼし、彼らの市民権を日常的に著しく侵害している。

4. 情報部(FBI、中央情報局(CIA)、国家安全保障局、軍情報部等)の現役メンバーや元メンバーといった情報源からの情報、犯罪集団内で活動中の情報提供者からの情報、そして被害者の証言を含む調査に基づき、何千人もの被害者が、米国内で1日24時間活動を続ける違法な政府系の悪徳犯罪集団の標的にされている、という結論に達した。この謀略は、金銭的利益を得ることを目的とする民間企業が管理、実施しているにしては過激すぎるものだ。これらの活動には莫大な資金が必要だがその投資に対するリターンはない。このプログラムの活動にかかる費用は、麻薬、売春、児童誘拐(闇オークションにて子供一人当たり最大5 万ドルで売却)、人身売買、ギャンブルその他の密売といった非合法的活動で賄われている。

5. 米国中で年中無休で活動している指令本部が米国内に存在し、その出張所も複数あること、その管理者たちは国内の誰に対しても即座に監視や電話の盗聴、いやがらせを開始できることがわかっており、その証拠書類もある。彼らには、違法な監視や嫌がらせを、昼夜を問わずいつでも、誰にでも行える技術、資金、人的資源がある。私は現在何千人ものアメリカ人に対して実行されている計画的かつ違法な政府による嫌がらせについて、数多くの事例が記載されたファイルを持っている。これに比べれば、私が以前監督者の立場も含めて携わっていたFBIの対敵諜報活動プログラムなど、教会の日曜学校のプログラムのようなものだ。

6. 私は、FBIその他の情報機関や政府機関全般で働いているほとんどの個人は正直であり、法を順守する公僕であると固く信じています。しかしながら、悪徳工作員のネットワークはFBI、CIA などの情報機関、その他重要な官職に秘密裏に潜入しています。この悪玉は個人的な権力や富を追い求めており、自分たち自身を法や憲法より上の存在だと考えています。彼らは、組織犯罪、悪魔崇拝カルトなどアメリカ国内のカルト運動、その他商業的・政治的権益、誤り導かれた市民組織や近隣集団と共に前述の監視や嫌がらせを実行します。この違法な監視や嫌がらせのプログラムは、ギャングストーキング行為と呼ばれ、政府や企業の内部告発者、金融・雇用紛争の当事者、婚姻に関する紛争の当事者(通常離婚した女性)、捨てられた愛人など、さまざまな理由により行われている。物議を醸す問題を取り上げるジャーナリストや、人気のないクライアントや勢力を代表する弁護士や私立探偵までもがこのプログラムの標的とされている。

7. このプログラムの標的となった個人は、違法かつ違憲な電話の盗聴、仕事や私用の電話の違法な転送による嫌がらせ、盗聴器を使用した違法な盗聴、住居や事務所への不法侵入および車上荒らし、小型の遠隔無線カメラ(インターネット経由でアクセス可能な場合が多い)の違法な設置による住居内監視、違法なインターネット・スパイウェア、違法なGPS追跡(自身の携帯電話による場合が多い)、定期的な定点・移動監視、郵便物の宛先間違い、郵便物の盗取やいたずら、金融・雇用上の妨害行為、名誉を毀損する運動、コミュニティからの排斥、インターネットで嘘の情報の流布、組織的な中傷、毒の投与、暴力、殺人、麻薬絡みの罪やその他重罪の違法なでっち上げ、その他さまざまな市民権の侵害を受けている。

8. FBIその他情報機関、政府機関全般の幹部の他、犯罪組織の裕福かつ有力な構成員、億万長者や企業エリートらが、政府系ギャングストーキングプログラムを利用して、敵対者を攻撃している。彼らは標的となった個人が今後死ぬまでずっと嫌がらせを受けるようにすることができる(十年以上続くギャングストーキングの事例は一般的である)。
ギャングストーキングの陰謀では立場のより高いメンバーがギャングストーキング行為を開始し補給や資金供給を調整する。プログラムにより標的にされた個人の日々の監視や嫌がらせといった実際の単調な仕事は、下位レベルの政府機関の悪徳工作員、軍の下位階級のメンバー(民警団法違反)、軽犯罪者および暴漢が実行している。

9. 私自身の職業的経験、広範囲にわたる情報資料および信念に基づき、専門家の立場から、FBI が関与しており、また、ラベラ氏の情報公開法に関する訴状に対応するFBI の膨大な情報ファイルの中には、ギャングストーキング行為の対象者、関連するギャングストーキングの手段およびギャングストーキンググループに関する調査ファイルを保有しているものと考える。なお、私は、多くのギャングストーキング行為の被害者に対して各事例を調査してもらうよう個人的にFBIの調査官を紹介した。私はまた、おそらく悪徳CIA エージェントが運営しているであろう、現在活動中の国際的な児童誘拐組織に関する文書をFBIに提供した。誘拐の調査はFBIの担当であるにもかかわらず、FBIは私の調査依頼を無視している。ドイツにいる情報提供者はCIAが米軍基地内で児童の誘拐や売買の秘密工作を練っていると言っている。FBIは記録においてギャングストーキング事件について独自のコード名や命名法を使っているかもしれないが、これは意味的な違いにすぎず、ラベラ氏の情報公開法に関する訴状に合理的かつ詳細に記載される国内のギャングストーキング事件に関する調査ファイルをFBIが持っている、という私の職業専門家的見解を変えるものではない。当該FBIファイルには、ギャングストーキングの件についてラベラ氏の情報公開法に関する訴状に対応する情報が記載されている。FBIや他の情報機関は、ギャングストーキング行為を行う秘密の悪徳政府系犯罪集団を運営し隠ぺいしているのです。ギャングストーキングの事実は、FBIと国家安全保障局の両方で、エシュロン・プログラム、カーニボア・システム、およびテンペスト・システムに関する記録に記載されている。また、ギャングストーキングの事実はFBIと国家安全保障局の両方で、ナルス社のシステムにより収集された情報に関する記録に記載されている。ナルス社は防衛請負業者であるボーイング社の完全子会社であり、ボーイング社はFBIおよび国家安全保障局が現在使用している高度な大量監視コンピュータシステムを製造している会社だ。

2011 年4 月26 日,
カリフォルニア州ロサンゼルス
テッド・L・ガンダーソン
FBI 支局長、
上級主任捜査官(退職時)
FBI ロサンゼルス事務所所長
アメリカ合衆国90048
カリフォルニア州ロサンゼルス
ウィルシェア・ブールバード6230 A 番地
直通電話:(337) 344-8876
カリフォルニア州調査ライセンス番号:12878
職歴
1979-現在 テッド・L・ガンダーソン・アンド・アソシエイツ
1979 年にこの国際警備コンサルティング・調査会社の創設者、所有者および運営者となる。F. リー・ベイリー氏の調査員となる。ベイリー氏曰く、テッド・ガンダーソンは「これまで知っている誰よりも調査技能が優れている」人物である。連邦捜査局退職時、テッドの指揮下には700名の人員がおり、2200万ドルの年間予算を擁した。
テッドは有名な講演者、執筆者、研究者である。「ジェラルド・ショー(TheGeraldo Show)」、「フォーティエイトアワーズ・ミステリーズ(48 HoursMysteries)」、「アンソルブド・ミステリーズ(Unsolved Mysteries)」、「ラリー・キング・ライブ(Larry King Live)」等のテレビ、ラジオ番組に出演経験がある。また、ディスカバリーチャンネルやライフタイムで定期的に取り上げられた。
1984 ロサンゼルスオリンピック委員会コンサルタント
1981-1982 カリフォルニア州麻薬取締当局 – 州知事ジェリー・ブラウンに任命されたコンサルタント
1979 プエルトリコ サン・フアン開催のパンアメリカン競技大会–米司法長官グリフィン・B・ベルにより特別に任命された警備コーディネータ
1951-1979 連邦捜査局(FBI)
1977-79 カリフォルニア州ロサンゼルスにて上級主任捜査官
1973-77 テネシー州メンフィスおよびテキサス州ダラスにて主任捜査官,
1973 主任検査官
1965-73 コネチカット州ニューヘブンおよびペンシルバニア州フィラデルフィアにて主任捜査官補佐
1960-65 管理官 – ワシントンDC の連邦捜査局本部
1951-60 特別捜査官
刊行物1989 ”How To Locate Anyone Anywhere Without Leaving Home”
(家に居ながらにして何処かの誰かの居場所を知る方法)
出版社:E.P. ダットン
学歴 1950 ネブラスカ大学 理学士
受賞歴 1979 国家への卓越した貢献を評価され、優秀卒業生賞を受賞‐ネブラスカ大学
1977 法執行分野における卒業生最高努力賞、シグマ・アルファ・イプシロン・ソーシャルフラタニティ
1977 年間最優秀法執行者受賞– AFL-CIO 金属業カウンシル、カリフォルニア州ロサンゼルス

Dr. Rauni-Leena Luukanen Kilde

We pray that her soul may rest in peace.

Resouse: COVERT HARASSMENT CONFERENCE 2014
BRUSSELS, 20 NOVEMBER 2014 Update 9 February 2015: Very sad news reached us today. Rauni-Leena Luukanen Kilde passed away last night.
Interview with NTV during the Covert Harassment Conference: Wywiad dla NTV z dr Rauni-Leena Luukanen-Kilde – 28.11.2014
See also: Dr. Rauni-Leena Luukanen-Kilde dead, probably murdered
Rauni-Leena Luukanen-Kilde is a well-known lecturer and author on mind control and parapsychology since 1982.
Bright light on black shadows, man is a mind, not a body

Below is a summary of Dr. Rauni-Leena Luukanen Kilde’s lecture.

Operation Acoustic Kitty by Greg Bjerg

At the height of the Cold War, the US Central Intelligence Agency was willing to try just about anything to gain an advantage over the dreaded Communists. The agency considered using exploding cigars or seashells to remove Cuban leader Fidel Castro; they employed psychics to attempt “remote viewing” of Russian military secrets; and the CIA even put the Soviets on the business ends of clairvoyant minds to attempt mind-control.

One of the CIA’s most bizarre Cold War efforts was Operation Acoustic Kitty. In declassified documents from the CIA’s super-secret Science and Technology Directorate, it was revealed that some Cold-War-era cats were surgically altered to become sophisticated bugging devices. The idea was that the cats would eavesdrop on Soviet conversations from park benches, windowsills and garbage containers. The cat was meant to just stroll up to the sensitive conversations, completely unnoticed. The clandestine cat’s electrical internals would then capture and relay the audio to awaiting agents. The project was funded and work began in 1961. Former CIA officer Victor Marchetti recounts the story of the Acoustic Kitty:

“They slit the cat open, put batteries in him, wired him up. The tail was used as an antenna. They made a monstrosity. They tested him and tested him. They found he would walk off the job when he got hungry, so they put another wire in to override that. Finally, they’re ready. They took it out to a park bench and said, “Listen to those two guys. Don’t listen to anything else – not the birds, no cat or dog – just those two guys!”

After several surgeries and intensive training, the cyborg cat was ready for its first field test. The CIA drove the cat to a Soviet compound on Wisconsin Avenue in Washington, D.C., and let him out of a parked van across the street. The cat ambled into the road, and was struck by a taxi almost immediately. Five years of effort and over $15 million in spending were reduced to roadkill in an instant. Shorty after its demise a CIA operative returned to the accident site and put the cat’s remains into a container to prevent the Soviets from getting their paws on the sensitive and expensive listening devices.

Operation Acoustic Kitty was completely abandoned in 1967, and declared an unadulterated failure. Possibly due to their embarrassing nature, the documents describing Acoustic Kitty remain partially censored even today. But one document does praise the Acoustic Kitty team for their efforts:

“The work done on this problem over the years reflects great credit on the personnel who guided it, particularly (censored), whose energy and imagination could be models for scientific pioneers.”

While the memo says that the use of trained cats is possible, it also says that “the environmental and security factors in using this technique in a real foreign situation force us to conclude that for our (intelligence) purposes, it would not be practical.”

Written by Greg Bjerg, posted on 22 August 2006. Greg was born and raised in Iowa and graduated with a degree in Journalism from Drake University. Sadly, he passed away on 20 March 2011.

Resource : http://www.damninteresting.com/operation-acoustic-kitty/

Cyprus Money-Laundering Crackdown Has Deficiencies, Report Shows

Resource : Cyprus Money-Laundering Crackdown Has Deficiencies, Report Shows 

Bloomberg キプロスマネーロンダリングの取り締まりは、欠陥を持っている
by Kasper Viita – May
16, 2013 12:33 AM GMT+0900

FATF-GAFI map
Members of the Financial Action Task Force on Money Laundering map

デロイト·ファイナンシャル·アドバイザリーSRLの報告によると、100億ユーロの(129億ドル)国際救助の一環として必要なマネーロンダリングを停止する為のキプロスの施策は、 “全機能の欠陥” を持っている。今日、ヘルシンキで記者に配布したレポートの要約は “デロイトの分析に含まれるデータは、監査機関による予防措置の実施に全機能の欠陥を公開” であった。

要約による評価に含め、2011年に報告したいくつかは、キプロスの銀行は去年に関しては2008年から2010年の間の規制当局へのない不審な取引をマークし、 顧客の取引のデロイトの検査は過去12ヶ月の間に29件の潜在的に疑わしい取引を明らかにしたが、銀行のレポートはどれも報告されていなかった。

キプロスは、5月13日に20億ユーロの応急処置の支払いを受け、欧州安定メカニズム、ユーロ圏の恒久的なバックスの基金から月に10億ユーロ以上得ることができる。ユーロ圏財務首長は同日、ブリュッセルでキプロスの救済について議論した。

キプロスの大臣は声明の中で、反マネーロンダリング規則のキプロスの施行のデロイトとマネーバル、欧州のマネーロンダリング審議評議会による評価が完了したことを歓迎した。キプロスの中央銀行はデロイトが独立した審査を準備するために任命した。

アクションプラン
大臣は、マネーロンダリングの “アクションプラン”の対象を発表し、 “とりわけ、適切な監督を含め、銀行が顧客デューデリジェンスの実施をカバーする地域、会社登記の機能の回復を目指す。”といった声明を発表した。

要約によると顧客のビジネス·プロファイルは、キプロスの銀行が “一般的には適切に確立されていない”となっており、その結果、貸し手は、 “アカウントの目的を理解した上で、顧客の経済状況を定義し、取引の予想パターンとレベルを評価するプロセスは一貫していなかった”と報告書は示している。

デロイトは、 要約によると、最も複雑な所有構造”の70%が、名義株主と顧客と受益者の間に3つの層の平均を持っていると結論づけた。

ドイツなどの国々は、ロシアの企業がマネー・ロンダリングをするために島を使用していたと主張し、ロシアはキプロスを救出の費用の一部を負担することを主張していた。ロシア当局は、島の資金が違法だったことを否定した。

援助支援
イタリアのデロイトユニットが評価を行うために外部委託されていた Barabino&Partnars SpA のイタリアのデロイトの社外広報担当者は、要約の内容についてはコメントを控えたが、
5月14日にキプロス財務省当局者はコメントを拒否したと ハリス・ゲオルギアデス財務大臣 のコメントに言及した。

ゲオルギアデス財務大臣は、キプロス政府はこの分野の推奨事項を決定すべき段取りを示す為に7月末の締め切りがあると記者団に語った。さらに援助の支払いを直接行ってはいないが、彼は政治的な連携が存在することを通知し、キプロスは、その遵守のそのユーロ圏パートナーを説得​​する必要があるとコメントした。

“規制の弱点を全く特定せず、両方のレポートは、反マネーロンダリング防止対策のため、銀行によって、施行に大幅な欠点があることを示唆する” と概要は結論付けている。

The Secret Uses Of Microwave Mind Control by The British

Resource :The Secret Uses Of Microwave Mind Control By The Britishshtml
by Tim Rifat  July 10, 2001

ギリシアのキプロスは、高電力マイクロ波を送信するためにイギリス軍とNATOで使用される190フィートの波の塔の破壊に抗議し、南部のキプロスのイギリス軍基地の外で暴動となっている。
ギリシアのMPは、警察によって逮捕され、ギリシア国内の1000 人以上のキプロス人は刑務所を襲撃し、彼を解放した。
それは、これらのマイクロ波アンテナは以下の2つの目的のために、英国とNATOによって使用されると思われる。
1. アリエル·シャロンによるパレスチナ人に対する今後の大量虐殺戦争を支援し、不毛の地に変えたイスラエルの後に、いわゆる平和維持力としてレバノンを占領するためにキプロスのNATO軍の大規模な予備工作。この状況は、いわゆる自由世界の貿易その多国籍企業のほとんどであり、超金持ちのユダヤ人の家族が連邦準備制度とイングランド銀行を経由して西欧を所有しているので現実になりうる状況である。

2. トルコ政府はNATOに対し通行権を拒否し、トルコ軍が出動されたとしてもトルコ軍はNATO軍への参加をせず、完全に彼らのコントロール下に入ることを要求を拒否した。これは、彼らがキプロスを使用しない限り、イスラエルを支援するNATOのための通路が存在しないことを示している。

キプロスは2つの好戦的な国家に戦争を引き起こした後、いわゆる平和維持軍としてその国を引き継ぐ為のNATO戦略のための完璧な支配場所である。

例えばボスニア、コソボ、マケドニア – NATO軍はそれらの国々を組織し、両サイドの戦闘を用意する。失敗に終わったチェチェンの反乱はアメリカとイギリスによって準備された。
英国はキプロスで戦争を起こすべく、こういった送信機をギリシャのキプロス人を暴力に駆り立てるようマインド・コントロールする為に建造しているが、それには11.3Hzの周波数で振幅またはマイクロ波送信機からの変調パルスが送信される。その周波数は、南部のキプロス人は、制御不能な怒りを生じさせる。英国とNATOはトルコを爆撃し服従させ、キプロス島を支配し、イスラエルを援助するために英国の踏み石とすることができるようキプロスで戦争が生じてくることを望んでいる。

これはこじつけのように聞こえるかもしれない。けれども英国政府はCIAによるパンドラ計画の研究成果を用いて全英国人のマインド・コントロールを行っている。30,000台の送信機をイギリス国内の大都市圏全域に配備するTETRAシステムには25億ポンドが投資されている。それ以前に英国軍は北アイルランド内で殺人とマインド・コントロールを行う為にマイクロ波を長期間に渡って使用してきた。

1977年に、CIAはマーガレット·サッチャーに連絡を取り、癌、パラノイア(4.5 Hz)、うつ病(6.66 Hz)を、躁激怒(11.3 Hz)を—彼女に全ての詳細、ELF周波数の情報を与えた。英国陸軍基地が、高電力マイクロ波を送信していることへの情報対応策によるものだ。西ベルファストのフォールス・ロードに住む38歳の一般開業医-とメアリー・アレン(南アーマフ・クロス・マグレン)は英国軍の基地が強力なマイクロ波を照射し、広範囲に渡るカトリック教徒のガンによる死を引き起こしたと強く主張している。

奇妙なガンはカトリック信者の中に多く見出される。現在、カトリック信者の死因の大部分はガンである。基地の周辺に住むカトリック教徒のほとんどはガンで死にかけている。この件はサンデー・ミラー誌、98年12月7日号のアマンダ・ドハティーによる記事、「恐怖の中の生活、ストリートに広まるガン」の中で報道された。

イギリス国内のアメリカ空軍基地、グリーンハム・コモンの平和主義者達にマイクロ波が照射されていることはよく知られている。英国軍による北アイルランドの全カトリック・コミュニティに対して犯された殺人とマインド・コントロールはほとんど知られていない。
TETRAシステムは英国の警察と国民をマイクロ波とELFによってゾンビ化しようとしている。キプロスのマイクロ波送信機には単にNATOの情報ネットワークを広げること以上により内密で汚い存在理由がある。
もし英国がこういったマイクロ波を使ったマインド・コントロール送信機の建造に成功したとしたら、それはギリシアとトルコの間にあるキプロス島における戦闘が予想され、それを鎮圧するためのNATO軍の配備が予期される。そしてこの次の中東戦争では西ヨーロッパによる大規模なイスラエル支援が行われるだろう。

サイコトロニクスに関する英国の一流の専門家による報告
Web posted at http://rense.com/general11/brit.htm

Scalar Weapons — All You Need to Know. from14-15 by C Verismo

Resource: Scalar Weapons — All You Need to Know. from14-15
by C Verismo

14. マインドリーディング、集団の催眠術および合成テレパシー

English: DNA replication or DNA synthesis is t...

English: DNA replication or DNA synthesis is the process of copying a double-stranded DNA molecule. This process is paramount to all life as we know it. (Photo credit: Wikipedia)

Tom Bearden-ベアデン氏によると: “1960年代後半リシチンで旧ソ連は人間の脳の”遺伝コード ‘が壊れていた事を報告した。これは、44桁以下を有し、脳はほぼ全体EMのスペクトルにわたって22の周波数帯域を採用した。しかし、唯一の11の周波数帯域は独立していた。
この研究で使われた11以上の正確な周波数チャネルは、人間の脳内 “位相ロック”する事ができれば、それは遠隔から急激に思考、視覚、身体機能、感情、および個々の意識的な状態に影響を与える事が可能である事を意味する。

巨大な旧ソ連のウッドペッカーのキャリアの最大16は、共通の位相ロック10 Hzの変調を運ぶ事が観察されており、これは、人間の脳が地球の磁場のシューマン共鳴よりも強い場合、物理的に巻き込みや “位相ロック”する事ができるようにベック、ラウシャー、ビセ(Beck, Rauscher, Bise)らによって実証されている。 16キャリアの周波数の一般的な位相ロック10 Hzの変調によって、人間の脳は効果的に16の周波数チャネルそれに位相ロックを有するであろう。対象地域における人間の脳の多くの割合を位相ロックするためウッドペッカートランスミッタを使用した可能性に対して、同様にモスクワの米国大使館の職員に誘導された効果よりもさらに抜本的な民衆に影響を誘発する事実を強く指摘されるべきである。

Dr. V.P. Kaznacheyev(カズナチェエフ博士)が発表した細胞死や病気のEM のトランスミッションワークと組み合わせて、死亡および疾患を誘発するためにウッドペッカーの信号を用いて ターゲットを絞って民衆に行っている明確な可能性がある。 DNA / RNAとウイルスの変更も可能だ。”
http://www.cheniere.org/images/EMfndns1/
http://www.umf.net/umf/: “1950年代には、ITTは、文字通り人が考えていたのか表示する事ができるセンサー技術を開発した。それは本質的に読心機だった。それは基本的に人間から発する電磁機能を拾って理解できる形に翻訳する。それは(最初は)人が座る事があった椅子から成っていた。センサーを務めたコイルは、椅子の周りに配置された。 3つのレシーバ、6チャンネルと人の心 – デジタルまたはスクリーンの上での表示だったと思われ、Cray-1 systemコンピュータもあった。 ”

15. 疾患誘導

ベアデン氏はスカラービーム、またはスカラーキャリアにそれらを再作成し、病気のパターンまたは ‘サイン(記号)’を模倣する事によって病気を誘発させる利用方法があると言う。これらは ‘量子潜在武器’と呼ばれている。特に設計された生物学的効果を一緒にあっても種々の疾患、複数の疾患を持つ任意の集団を攻撃するために使用する事が可能だ。

彼は瞬間的な死、心臓発作、重度の情緒的混乱、内部機能、疾患、免疫系の無効化、さらには、自分のようにターゲットを絞った主題として解釈思考、感情やアイデアの挿入の制御するダメージを誘導する効果を示しています。証拠とは、人々を取り除くために使用されてきた自殺振動もあります。 10 Hzは、催眠術をかけるために諜報機関によって使用される波長であるため、大量の催眠は、独自の言語に追加されたサブリミナル言葉で全体の人口に誘導する事が出来、これは選挙投票のために使用する事が出来る。

ベアデン氏は、細胞死や病気の殆ど全ての種類の電磁赤外線周波数に紫外線を使用し、スカラービームによって送信する事が可能との発言があり、また彼は、光子自身が細胞間の死や病気を運ぶ事が可能と書いている。スカラーEM技術は、生化学、細胞の実際の電位パターンの合成を可能にする。これは、特定の細胞の病気や死のメカニズムを生成するために作られても遺伝的に潜在的な病気をアクティブにする事が可能だ。

証拠は、核放射線、化学物質中毒、細菌感染と同様、薬剤誘発性幻覚の症状から、製造された症状は、得られる細胞死が発見されている。また ‘神’の声さえも(テレパシー、サブミニナル)作られている。ベアデンを引用する: “西ドイツのDr. Popp(ポップ博士)は、細胞の仮想光子マスター·コントロール·システムを分析した。スカラーEMは “よって、マスター制御システムが容易に意志で病気や障害を誘発するためにスカラー技術と入力する事ができ、確定的なパターンに仮想粒子束の意図的な順序を表している。

サイト上でより多くのデータがある: “スカラー干渉グリッド武器は生物学的に対象地域の全体の集団を攻撃するために使用する事が出来る。多くの場合、同時に複数のウッドペッカーの頻度で検出されている10 Hzであり、以下のELF変調信号をロックし、そのフェーズワークを行えば十分だ。

対象地域では、この変調は – 地球の磁場のシューマン共鳴よりも十分強く –脳への影響の割合は、殆どが’強制連行’コントロールされる。その場合には、これらの人間の脳のように、複数のコヒーレント周波数がそれらに位相ロックされるウッドペッカーの信号に “同期して”されている。

つまり、直接これらの連動する脳に複数の一貫したEM·チャネルが現在存在している。この時点で、フーリエ展開は現在幾何学的脳の特定の部分を攻撃するために使用されるかもしれません。 “このサイトは、スカラーEMの疾患パターンは、フーリエ展開し、特定の生物学的作用で再び、ロシアの技術により無線上に変調しバイオフィードバックし、集団を誘導する事が可能だ。

しかしHAARPも同じ事を行う事が出来る。効果は瞬間的な死、心臓発作、重度の情緒的混乱、内部機能、疾患のコントロールの喪失、免疫システムの無効化、さらには思考、感情、そして自分自身の意思によって解釈されるアイデアの挿入である。フリーダムドメインはまた、1000回の実験によりウッドペッカートランスミッタやDr. Kaznacheyev(カズナチェエフ博士)の細胞死や病気のパターンの殆ど全ての種類の電磁送信する事が出来る事を実証させ述べた。 Dr. Kaznacheyevは、近紫外線の効果を報告した。西ドイツマールブルク大学の実験では、赤外線の実験を複製し、光子自体は細胞間の死や病気のパターンを運ぶ事ができた。スカラーEM技術は、特定の疾患または死のメカニズムの、セル内の生化学の充電と電荷分布の合計コントロールを表し、実際の “潜在的な”パターンの合成を可能にする。核放射線、化学物質中毒、細菌感染、および他のメカニズムから、細胞死など、症状がDr. Kaznacheyevによる量子の潜在的な実験により誘導された。

西ドイツのDr. Popp(ポップ博士)は、細胞の仮想光子マスター制御システムを分析した。
EMが決定論的なパターンに仮想粒子束の意図的な順序を表すスカラーの様に、メイン制御システムを容易に自由自在に疾患および障害を誘導する為に、スカラー技法を応用する事が出来る。